メニュー 閉じる

ファクタリングで売掛金の売却を行い、売掛金を確実に回収しよう

あなたはファクタリングといわれる「売掛金を売却して現金化する手法」をご存知でしょうか。

売掛金はせっかくの会社の利益ですが、回収して完全な利益になるまで、未回収の状態であれば多少なりともリスクがあると言えます。

実際に、売掛金が期日を経過しても未回収になっているいるケースは、会社を経営している方は経験している人も多いようです。

もし、現在そういった状況に陥っているとしましても解決策は存在します。それは、売掛金の「売却」という形を取るファクタリングサービスです。

このファクタリグというサービスで売掛金を売却する方法で現金化することで、売掛金の回収が実質的に可能となります。

以下で、このファクタリングによる売掛金の売却による現金化について具体的に紹介していますので、是非ご覧ください。

売掛金の売却方法

売掛金とは、将来にかかる会社の利益です。例えば、ある商品を取引先企業に提供し、その代金の支払いを半年後に行うという内容で、約束をします。この場合、商品を提供した側は、取引先に対して、売掛金を保有している状態となります。

しかし、この売掛金ですが、消滅時効が存在します。その消滅時効は、売掛金の債権種類によって異なっており、最短で半年~最長で10年です。

売掛金が未回収の状態だと、いつかは消滅時効がきて、損をすることになるでしょう。そうならないように、なるべく急いで回収をしなければいけないというわけです。

ですが、冒頭でも説明した通り、経営者であれば少なからず売掛金の未回収に遭遇する場合もあります。

それだけ、このケースは世の中にあふれているということですね。

以下では、売掛金の未回収に困っている経営者の方の悩みを解消できる方法として、「ファクタリング」による売掛金の売却での現金化を紹介しています。

そして、そのファクタリングについて、「仕組み」や、「メリット・デメリット」などを説明していますので、以下をご覧ください。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングを利用すれば、売掛金保有企業は売掛金を売却することで早期の現金化が可能です。基本的には、ファクタリングを利用したいと思った企業が、ファクタリング会社に売却して売掛金を支払ってもらい、その後に、ファクタリング会社は売掛先企業に対して、請求を行います。

続いて、このファクタリングのメリットデメリットの紹介へと移ります。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは、主に3つほど存在します。それは、「資金難の解決」、「賃借対照表に影響しない」、「確実にお金を得られる」です。

一つ目の「資金難の解決」とは、売掛金の売却による早期現金化によるおかげです。ファクタリングを使えば、支払い期日前でも、支払い期日後の未回収状態でも、早期に現金化が可能です。

そのため資金難に陥っていたとしても、売掛金でその状況を打開することができるというわけです。

二つ目の「賃借対照表に影響しない」ことについては、負債として記載されません。ファクタリングを行うと、売掛金の売却による現金を受け取っているので、借金にならないのです。

そのため、二つ目のメリットについては、銀行の融資を受ける際に、賃借対照表がデメリットとして働きません。

三つ目の確実にお金を得られることについては、リスクが存在しません。売掛金を売却した後は、ファクタリング会社が売掛金の回収を行います。

もし、売掛金の回収ができない場合でも、その責任はファクタリング会社が負いますので、債権の未回収を、元々売掛金を保有していた企業へと請求がされないのです。

これら3つのメリットからも、ファクタリングは、とても便利な手段だと思います。

ファクタリングのデメリット

つまり、ファクタリングのデメリットは、「換金率の存在」です。例えば、ある企業が取引先企業に対して50万円分の商品を提供し、その支払いを半年後に行うといった内容で約束をするとします。

ですが、取引先企業は半年後を過ぎても、支払ってくれません。この場合、ファクタリングを行えば、売掛金分をファクタリング会社に買い取ってもらうので、すぐに現金化ができますが、ファクタリング会社が売掛金保有企業へと支払う金額は、「45万円」です。

なぜなら、そのまま50万円を支払ってしまうと、ファクタリング会社は「利益」が出ないからです。なので、売掛金の10パーセントを引いた金額が支払われ、その後、買い取った50万円分は、売掛先企業へと請求を行います。

この換金率についてですが、各ファクタリング会社によって異なります。相場としては、売掛金の10パーセント~30パーセントが引かれたうえで、売掛金保有企業へと売掛金が支払われます。

ですが、ファクタリング会社としては、万が一売掛金の回収ができなかった場合に、上記の例で言うと、45万円分を損しますので、50万円から10パーセント引かれたとしても、納得するしかないでしょう。

以上が、ファクタリングにおいての主なデメリットです。

売掛金の売却による資金調達まとめ

今回は、売掛金の未回収で悩んでいる経営者の方に向けて、その解決策となる「ファクタリング」=売掛金の売却による資金調達方法を紹介しました。この方法を使えば、早期の現金化が可能となり、確実な売掛金の回収ができます。

ファクタリングの仕組みは至ってシンプルでした。基本的には、まずは売掛金保有企業は、ファクタリング会社に売掛金の売却を行います。その後、買い取られた売掛金は、ファクタリング会社が売掛先企業へと請求を行います。

しかし、ファクタリングには、それぞれメリットとデメリットが存在しました。メリットについては「資金難の解決」、「賃借対照表に影響しない」、「確実にお金を得られる」です。デメリットは「換金率の存在」でした。

この換金率のせいで、50万円分の売掛金でも、ファクタリング会社によって45万円で買い取られることになります。つまり、多少は損をしてしまうというわけです。

換金率には相場が存在し、各ファクタリング会社によって、その相場は異なります。基本的には、10パーセント~30パーセントが相場です。

今回は、ファクタリングの基本的な部分のみを紹介しましたが、実は、ファクタリングはさらに細かく分けることができます。

具体的には「2者間ファクタリング」、「3者間ファクタリング」です。

ファクタリングを細かく分けて考えることで、さらに多くのメリットやデメリットを知ることができるでしょう。

気になった方は、フファクタリングやそのほか様々な資金調達方法を紹介しているポータルサイトでチェックしてみてはいかがでしょうか。

【参考サイト(資金調達サイト)】

>>資金調達や売掛金売却などの解説はこちらより