メニュー 閉じる

2社間契約のファクタリングのメリットとデメリットとは?

ファクタリングを利用すると、期限到来前の売掛金をファクタリング会社に売却することで資金調達をすることができます。ファクタリングの取引形態には2社間と3社間の2種類があり、2社間ファクタリングを利用すると、取引先(売掛先会社)に売掛金を売却したことを知られずに資金調達をすることが可能です。

【2社間契約のファクタリングの仕組み】

2社間ファクタリングの仕組みは、ファクタリングで資金調達を希望する会社とファクタリング会社との間で債権譲渡契約を締結し、売掛金をファクタリング会社に譲渡します。すると、ファクタリング会社は手数料を差し引いた額の現金を資金調達を希望する会社に支払ってくれますので、売掛金の期限到来前に現金を入手することが可能になります。

売掛金の支払期限が到来すると、回収した売掛金をファクタリング会社に支払うことで一連の取引は完了します。このように、2社間ファクタリングには取引先(売掛先会社)が一切関与しないため、取引先に知られずに売掛金を現金化することが可能になります。

【2社間契約のファクタリングのメリット】

通常のファクタリングでは、資金調達を希望する会社とファクタリング会社、取引先(売掛先会社)の3社間で契約を締結します。しかし、3社間ファクタリングだと、取引先に売掛金をファクタリング会社に売却したことが知られてしまいますので、取引先からの信用が失墜してしまいます。

2社間ファクタリングは取引先に知られずに売掛金の現金化が図れますので、取引先からの信用を落とさずに資金調達をすることが可能になります。この点が2社間ファクタリングの最大のメリットであり、高い人気の理由になっています。

【2社間契約のファクタリングのデメリット】

2社間ファクタリングのデメリットは、3社間ファクタリングと比較すると手数料が割高になる点です。3社間ファクタリングの手数料は売掛金の1%から5%程度ですが、2社間ファクタリングの手数料は売掛金の10%から30%程度になります。

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも手数料がかなり高くなりますが、手数料が高くても取引先に知られずに売掛金を現金化できるメリットの方が大きいため、手数料の高さには納得して利用している企業がほとんどです。

【最後に】

このように、2社間ファクタリングを利用すると、期限が到来する前の売掛金を現金化することができ、急な資金需要に迅速に対応できるようになります。取引先に知られることなく資金調達ができるため、2社間ファクタリングのメリットは非常に大きいです。

手数料が高い点が2社間ファクタリングのデメリットですが、ファクタリング会社によって手数料に違いがありますので、複数のファクタリング会社を比較すると、手数料が安いファクタリング会社が判明します。ただし、相場と著しく乖離した手数料を提示しているファクタリング業者は悪徳業者の恐れがあるため注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です