factring-kaisyanoerabikata

ファクタリング会社の選び方!簡単な方法6選

事業資金の調達の方法は銀行融資がありますが、審査が厳しくて用意する必要書類も多いので手間がかかってしまいます。

その影響で売掛金を現金化する方法で資金調達をするファクタリングで資金調達をしようと考える会社の経営者が増えてきています。

ファクタリング会社に申し込みをするとしっかり対応してくれますが、ここ数年で数が増えてきているので選ぶのに迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

選び方を間違えてしまうとトラブルは発生して面倒な事になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

そこで事業資金を調達する時に利用するファクタリング会社はどのように選べばいいのか簡単な方法をいくつか挙げていくので参考にしてみて下さい。

取引が2社間か3社間のどちらにするかで会社を選ぶ

ファクタリング会社で事業資金を調達する時は2社間取引か3社間取引になります。

2社間取引は事業資金を調達する経営者とファクタリング会社、3社間取引は事業資金を調達する経営者、ファクタリング会社、所有している売掛金の取引先になります。

3者間取引になると取引先に売掛金を現金化して事業資金を調達する事が分かってしまいます。

その点で取引関係の悪化を懸念する場合は2社間取引で対応してくれるファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

また秘密厳守を徹底しているファクタリング会社であれば3社間取引で対応していても取引先に分かる心配がないので選んでも問題ありません。

2社間取引か3社間取引のどちらにするかでファクタリング会社を選んでみましょう。

手数料を安くしたい場合は最低水準の設定の5%を目安にして会社を選ぶ

ファクタリング会社を利用して事業資金を調達する時は手数料が発生しますが、2社間取引と3社間取引で手数料の水準が変わります。

ファクタリング業界全体の水準として手数料は10%から15%ぐらいが相場と言われていますが、2社間取引の場合は諸費用やリスクを含み、20%を超えてしまうファクタリング会社もそれなりにあります。

手数料が高くなると調達する事が出来る事業資金も少なくなってしまうので出来るだけ安く抑えたいでしょう。

そのような時は最低水準の手数料で設定されているファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

ファクタリング会社の手数料の最低水準は3社間取引の場合は5%と言われていますので目安にして選んでみましょう。

またホームページに最低水準の手数料で対応すると宣伝している場合もありますのでその場合は具体的な数値を確認しましょう。

早く事業資金を調達したい時は最短即日か1日で対応可能の会社を選ぶ

次の事業を始めるのにどうしても資金が必要で早く調達したい事も少なくないでしょう。

そのような時は最短即日か1日で対応可能のファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

最短3日から5日での対応になっている事もありますが、最近では最短即日か1日で対応してくれるファクタリング会社が増えてきています。

申し込みをして審査などの手続きで特に問題なければ早く事業資金を調達する事が出来るのでファクタリング会社を選ぶ時にポイントにしてみましょう。

設立してから5年以上の会社を選ぶ

ファクタリングで事業資金を調達する方法はここ数年で浸透してきているので設立して間もないファクタリング会社も少なくありません。

新しいファクタリング会社も対応などはしっかりしてくれますが、経験があまりないのでトラブルが発生するリスクは少なからずありません。

そのため安全性という点では疑問が残ってしまいます。

設立して5年以上が経過しているファクタリング会社なら経験も豊富なので安心してお願いする事が出来ます。

多額の事業資金を調達したい時は限度額が高い会社を選ぶ

ファクタリング会社で事業資金を調達する時も限度額があります。

限度額の設定はファクタリング業者によって異なりますが、低くなっている事も少なくありません。

多額の事業資金を調達したい時に限度額が低く設定されているファクタリング会社にお願いしてしまうと対応する事が出来ません。

限度額は億単位になっていて多額の事業資金の調達にもしっかり対応する事が出来るファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

ネットの口コミを参考にするのも選び方の一つ

ファクタリング会社を選ぶ時はホームページを見比べて判断する事が多いでしょう。

確かにホームページにはサービス内容が記載されているので選ぶ時の参考になります。

しかしホームページはメリットになる点ばかり記載されているのでデメリットになる点が分からない事が多いです。

実際に選んだファクタリング会社はデメリットだらけだったというケースもよくあります。

ファクタリング会社を選ぶ時はホームページだけでなくネットの口コミを参考にするのも効果的です。

ネットの口コミではファクタリング会社を利用して事業資金を調達した経営者が正直な感想を投稿しているのでデメリットになる点もしっかり把握する事が出来ます。

まとめ

事業資金を調達する時に利用するファクタリング会社の選び方で簡単な方法をいくつか紹介していきました。

会社の経営者によって状況が異なる事もありますが、このような点をポイントにして選んでみるといいでしょう。

また悪質なファクタリング会社も少なからず存在しているので会社の所在地や連絡先などの情報がホームページにしっかり記載されているかどうかも確認しておきましょう。