メニュー 閉じる

ファクタリングの手数料の相場はどれくらい?

ファクタリングには2社間で契約をするものと3社間で契約を締結するものがあり、2社間契約と3社間契約とでは手数料の相場に違いがあります。手数料はファクタリングのコストの大部分を占めるため、あらかじめ手数料の相場を知っておくと、ファクタリング会社を選ぶ際の判断材料にすることができます。

【2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料の違い】

ファクタリングとは、売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、売掛金の期限到来日を待たずに現金を入手できる資金調達の方法です。ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、それぞれ仕組みに違いがあります。

2社間ファクタリングは資金調達を希望する会社とファクタリング会社の2社間だけで行われ、取引先(売掛先会社)は契約には一切関与しません。そのため、売掛先会社に知られずに売掛金を現金化することができ、今後の取引に悪影響が及ぶ恐れはありません。しかし、2社間ファクタリングで注意が必要なのは、ファクタリング会社にとってリスキーな取引になるため手数料は高めに設定されます。

3社間ファクタリングは資金調達を希望する会社とファクタリング会社、売掛先会社の3社間で契約が締結され、売掛先会社は売掛金の支払日が到来すると、ファクタリング会社に売掛金を支払うことになります。ファクタリング会社にとっては、2社間ファクタリングよりも安全性が高いため、手数料は低めに設定されます。

【3社間ファクタリングの手数料の相場】

3社間ファクタリングの手数料の相場は、売掛金の1%から5%程度です。ファクタリングの手数料はリスクが高くなるほど割高になりますが、ファクタリング会社にとって3社間ファクタリングはローリスクな取引形態ですので、手数料の相場は割安になります。

【2社間ファクタリングの手数料の相場】

2社間ファクタリングの手数料の相場は売掛金の10%から30%程度です。2社間ファクタリングでは債権譲渡の登記手続きが必要になるため、登記費用(約2万円)や司法書士の報酬(8万円から10万円)も手数料に含まれます。3社間ファクタリングと比べると手数料は割高になりますが、ファクタリング会社にとっては売掛金が回収不能になるリスクがあるため、回収不能のリスクを織り込んだ割高な手数料になります。

【最後に】

このように、ファクタリングの手数料の相場は、2社間だと売掛金の10%から30%、3社間だと売掛金の1%から5%程度です。

手数料の安さでは3社間ファクタリングの方が圧倒的に有利ですが、3社間ファクタリングは売掛金を売却したことを取引先に知られてしまうため、ほとんどの企業は手数料が高くても2社間ファクタリングを利用します。取引先に知られずに資金調達をするためには、手数料が高くなるのは仕方がないと考えている企業が多いわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です