メニュー 閉じる

ファクタリングで翌月以降に気をつけるべきこととは

資金繰りを解消していく手段として有用なファクタリングですが、このメカニズムとはその企業と取引している取引先の持つ売掛債権をファクタリング業者に譲渡し、買い取ることによって、資金化していくというものです。そのため、赤字や創業してから日が浅い中小企業や個人事業主でも活用できる資金調達方法として注目されていますよね。

しかし、何らの死角がないようにも見えてしまうファクタリングでも、その利用方法を誤ってしまえば却って資金繰りを悪化させてしまったり、最悪は資金ショートに陥る要因を作ってしまいかねません。このような点だけを捉えてみると、ファクタリングも万能ではないといえてしまうわけですが、ファクタリングを利用していく上では、それなりのコツを踏まえておけば安心して利用できるのです。

【ファクタリングがビジネスで有用となる根拠とは】

ファクタリングとは、要するに翌月以降に入金される予定である売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達を実現できるサービスです。売掛債権は、ビジネスにおいて会社同士で取引をしていく上で(いわゆるBtoB)、先払いではなく、後払いがほとんどであることから採用されています。

これを掛け取引というのですが、月末締めの翌月末支払とか月末締めの翌々月支払、それに支払サイトなどといった言葉を聞いたことのある人もいることでしょう。ビジネスの世界では、売掛債権をもって行う取引が顕著となっており、概ね、月末締めで、翌月か翌々月末に支払されることが多いです。

【どのような資金使途であるかに留意することが重要】

ファクタリングは、融資とは全く違った資金調達方法であり、審査も甘くスピーディーであるため、資金不足に陥った場面では相当役立ちます。ただ、ファクタリングの利用方法に応じては損失を被ってしまったり、資金繰りを悪化させてしまうこともあり得るわけです。

ファクタリングとは、本来は翌月以降に入金されるはずの売掛債権を最短即日で現金化するという性質であるため、利用すると本来入金されるはずの予定である翌月以降の売掛債権が入金されなくなってしまいます。また、ファクタリングとは、一度の決済であることも特徴です。

そのため、ファクタリングを活用していくことが望ましいのは、資金不足が慢性的、または継続しているような場合ではなく、繁忙期などのような一過性の場合です。特に繁忙期であれば、売上が上昇する傾向にはあるのですが、同時に事業を行っていく上での仕入や人件費など支出も上昇してしまいますから、特にファクタリングによって資金調達を行っておくことが望ましいわけです。

もちろん、売上に係る入金と仕入に係る支払が同一時期であれば、この限りではありませんが、繁忙期と閑散期との区分が大きく在庫も抱えがちな状況だとどうしても仕入に係る支払のほうが早期になってしまいます。そうすると、繁忙期の売上による売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい、その資金を仕入や人件費などに充当していくことがファクタリングの賢明な使い方です。

繁忙期もファクタリング利用の顕著な事例なのですが、これ以外でも冬季であることを理由に事業が閑散期である場合、資金が不足し仕入ができないためにファクタリングを利用しているケースも見受けられます。いわば、短期間での資金不足には最適な資金調達手段といえるのがファクタリングなわけです。

ただ、短期間での資金不足に対して、ファクタリングの代わりに融資によって資金調達してしまえば、後には支払が待ち構えています。融資の金利が低く支払についても分割であることからすれば、それなりに優勢であるようにも考えられはしますが、次回以降の資金不足になった時期にも支払が差し掛かってしまえば、資金繰りに相当苦労することは目に見えています。

よって、融資は当初の設備投資などのような長期に渡る減価償却を要する場面で、ファクタリングは短期間での資金不足の際に使い分けることが賢明といえるでしょう。

【ファクタリングにより欠けた翌月以降の売掛金はどのようにすべきか】

ファクタリングは、本来は翌月以降入金されるはずの売掛債権を最短即日で現金化するものです。ファクタリングを利用することによって、その売掛債権はファクタリング業者が所持することになるため、翌月に入るはずの現金がなくても困ることにならないかどうかを確認しておくことが大切です。

ファクタリングは一度の決済となるため、この点でも融資とは異なっています。翌月入金されるはずのものをすぐに現金化すれば、翌月に入るはずの現金がファクタリング業者の決済扱いとなるため、翌月の資金繰り対策についても余念のないようにしておきましょう。

何らの計画なくファクタリングを利用してしまえば、翌月どころか何ヶ月間もファクタリングを利用するハメにもなりかねないため、ファクタリング本来の利用用途である短期間での資金繰り改善をなし得なくなってしまいます。

そのため、ファクタリングを利用することによって資金調達の見通しが悪くなる場合もあり得るわけです。しかし、ファクタリングの利用により貸借対照表を軽くすることで長期的な資金調達として相当な銀行融資に期待できるようであれば、この限りではありません。

【手数料の低さでファクタリング業者を選ぶ】

銀行融資をすることを前提とすれば、ファクタリングをつなぎとして活用する余地も大いにあります。ただ、この場合に問題となってくるのが手数料でしょう。

手数料20%でファクタリングを行ったとすると、単純に5カ月利用することによって売掛金を丸々失うことになります。月商が売掛金の倍程度とした場合、半分も損失したことになるわけで、これを取り戻すことは至難の技です。資金ショートの回避策として目下の資金調達は不可欠なものですが、月商の半額を失うともなれば、バランスシート上でも大いに悪影響をもたらすことになりかねません。

その緊急度合いが強まっているなかで利用していく分には特に問題はないにしても、銀行融資までのつなぎとして用いるともなれば、手数料の低いファクタリング業者を選ぶことをオススメします。

【最後に】

以上のとおり、ファクタリングを利用する上で、資金使途によって使い分けることと、事前の計画が要求される場合もあります。
ファクタリングを利用すれば、翌月以降に本来入金されるはずの売掛金が入らないことになるわけですから、この空白について対策しておくことが望ましいですね。
銀行融資を前提としてバランスシートを良好にさせておくためには、ファクタリングの手数料のことも考えておくと良いでしょう。

ファクタリングを利用する際には、翌月以降のことも考慮した計画性もおろそかにはできないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です